父の祥月命日・偶然にも

d0169973_17501351.jpg


今日は父の祥月命日。
早いものであれから3年経ちました。

お供えには父の好物だった「チョコレート」を。
ちょうどバレンタインの時期なので
選ぶのも楽しいですね。

お墓参りへ行く途中偶然にも
父が生前中、そして今も気遣ってくださる
「Tさま」と遭遇。

こうして忘れずにいてくださって
父はとても喜んでいるはずです。
忙しい合間を縫ってお墓参りに来てくださり
「Tさま」ありがとうございました(^▽^)。


by maimaigohan | 2018-02-09 18:05 | ご先祖さま | Comments(2)
Commented by 鳴門舟 at 2018-02-10 18:56 x
 祥月命日という言葉を検索して初めて知りました。先生の御命日だったのですね。何才でお亡くなりになりましたか。私が先生に最後にお会いしたのは、熱海のA 君の結婚式でした。
式の途中、都合で早退する私の所にわざわざ、挨拶に来てくれました。今考えると、式の途中で帰るなんて失礼な話です。すべてにおいて、未熟な私でした。
 
Commented by maimaigohan at 2018-02-12 16:51
鳴門舟さま
父は84歳で天寿をまっとういたしました。
亡くなる寸前までもりもりごはんを食べていた
最期まで健康でいてくれた父でした。

亡きがらもまるで生きているかのようで
私なんかよりもお肌がつやつやしていましたね~。
<< 朝ごはん 2198 朝ごはん 2197 >>