お盆なので。

ご先祖さまを偲ぶと「絹」を思い浮かびます。

私の祖父は「養蚕」の仕事を。
曽祖父は「製糸」の仕事をしていたからなのですが。

とは言うものの、私はあまりその仕事のことを良く知らなくて、
自分で調べ、理解できるようになったのは大人になってから。

だからではないのですが、
身近に「絹」があるということは、
ご先祖さまと繋がっているような気がします。



絹といえば高価なイメージがつきものですが、
近頃では靴下やら、レッグウォーマーやらと、冷え性アイテムとして、
様々な絹製品が身近に手に取ることができるようになったのは嬉しいことです♪


d0169973_14414740.jpg



画像はリンクさせていただいている「シルク・ふぁみりぃ」さんの、
「諏訪まゆ・ネックウォーマー」未使用のもの。

国産繭100%の座繰りで紡ぎ編んだ、今時珍しい手間隙かかる品。

最初は物珍しさと、温まるかなくらいで手にとってみたのですが、
この諏訪まゆに思いもかけない効果があったのです。

諏訪まゆを巻いていると、痛みが軽減されるのです~。

私の場合ですが、頭痛と下腹部痛に効きました。
アレルギーがあり薬が飲めない私にとっては、
こうして諏訪まゆを身に着けるだけで痛みが軽減されることは、
とっても助かります!ありがたいです!

精錬も化学処理もされていない糸なので、
セリシンという糊のようなものが糸についたまま。
確かにそれがチクチクしますけれども、
私は、それが全く気にならないから不思議ですね。

ここにまた、諏訪まゆを通して、
忘れかけた古(いにしえ)人の知恵を感じます。



と、いうことで祖父祖母が生きていたら、
た~くさんいろんなお話を聞いてみたくてたまらなくなった、
というお盆の日でした。
by maimaigohan | 2011-08-15 15:08 | ご先祖さま | Comments(0)
<< 朝ごはん 323 朝ごはん 322 >>