いにしえ人へのいざない

d0169973_15244356.jpg



縄文を知るための良書がとあるブログにて紹介されていたので
早速読んでみましたよ。

現在この「縄文人になる!・山と渓谷社」は再販されないようで、
またアマゾンでは高額で取引されていましたので購入は断念。
市内の図書館にて借りてきました。

この一冊で縄文人になるためのHow toが書かれており本格的です!
ヘタに手を出すと怪我をしそうなので、本気で取り掛からないと
縄文人への道は開けません。

丁寧に詳しく写真、図付きで石斧の作り方や、土器の作り方、布の織り方
などなど縄文生活を自分で体験できる内容になっています。
難しいことは書いていないのですが。。。
ではやってみるとなると二の足を踏んでしまいます。。。
私などは本を読み、縄文生活が垣間見えたので満足してしまった口。

本の中に「火吹き竹」があり、父に話ましたら、昔自分も火吹き竹を使って
お風呂や、かまどの火を炊いていたそうです。
「火吹き竹って縄文時代からあるんだ~」と親子で感動してしまいました。

私でも、もしかしたら縄文風クッキーならば作れそうかもと。
そこはあくまでも風なので、天然酵母を使いそば粉と小麦粉を
ベースにしたクッキーを思案中です。


やっぱり縄文時代は面白いです!




追記 「朝ごはん121」でのコメント欄に
    jhomonjin様から火吹き竹についての
    実地調査による秀逸なコメントがありますので、
    興味のある方は必見です!   
by maimaigohan | 2010-11-29 15:22 | 読書 | Comments(0)
<< 朝ごはん 122 朝ごはん 121 >>