生姜は体が温まるし、冷えもする

「生姜はね、冷えるのよっ」
と以前、衝撃的なお話を料理教室で東城先生から教わりました。

生姜=温まる

が当然。
もちろん。
絶対!

と思っていましたし、世の中もそう言っているじゃないですか!

生姜は熱帯地方で育てられるのだから陰性のもの。
いただくときは少量で、やたら沢山食べるものではないと。

なるほど~というわけで実験してみましたよ。



まず、生姜茶で。
これは風邪をひいたらよく飲むのですが、
私の体感ですと全身の血液の流れがよくなり、毛穴が開いて
汗をかくくらい温まります。消化力もあり胃腸が楽になります。
でもこれは、生姜茶が熱い場合。

生姜茶がぬるく、冷えているのを飲んでも温まる気配はなく、
むしろ冷えてくる感じですね。

次に冷奴。
たっぷりおろし生姜を乗せていただくと、
温まると思いきや、かえって冷や~っとしてきます。

・・・・・。

この簡単な実験により、生姜は調理して熱いうちだと
体を温める作用があるが、冷めているとかえって体を冷やして
しまう作用がある。

でした。

ですので生姜を使って体を温めたい場合は、
調理した生姜を熱いうちに食べるということで。



漢方の原点「傷寒論」に。
「体を温め、すべての臓器の働きを活性化させる。
 体内の余分な体液を取り除き駆風を促し(ガスを排出し)消化を助ける」

とあり、また医療用漢方薬の75%に生姜が含まれているそうです。

生姜の辛味成分 ジンゲロン、ジンゲロール、ショウガオール。
芳香(精油)成分 ジンギベレン、クルクミン、ビザボレン、ピネン
とこれらの成分が驚くべき効果を発揮するそうですよ。

その驚くべき効果を発揮させるためには、生姜に熱を加えるということですか。
漢方薬も煎じて飲むものですしね~。

漢方では、生姜の辛味成分がつまった経絡やツボを発散、発汗させ、
それによって気や血液の流れをよくし、風邪や頭痛、肩こり、鼻水、
悪寒などを改善すると考えられているそうです。

生姜に熱を加えていなくとも、ジンゲロールという辛味成分が腸チフスや
コレラ菌などに対して強い殺菌力を持っているそうですので、やはり夏場の
痛みやすいお豆腐、冷奴などにはスリ下ろし生姜は理にかなっており、
また冷やして体内の熱もとるというこでしょうね。


と生姜好きが生姜についてあれこれ考えてみました。


興味をもたれ方は是非実験してみてくださいね。
もしよろしければ、実験結果を教えてくれると嬉しいです!



参考図書 「温め美人プログラム」WAVE出版  

       「大腸がんを予防し血行を良くするショウガ」ハート出版
by maimaigohan | 2010-09-01 15:10 | あなたと健康社 | Comments(0)
<< 朝ごはん 68 朝ごはん 67 >>